人材育成

人材育成のための教育訓練計画

各要員がそれぞれの各階層の役割に応じた知識と技能を習得し、業務遂行に必要な資格取得を推奨し、社内外での『安全教育』『資格試験』を積極的に実施(受講)し、社員の資質の向上、レベルアップに努めています。
資格取得に要する受講、受験にかかる費用は、全額会社が負担しています。
工務部社員は全員「1級土木施工管理技士」「1級舗装施工管理技術者」の資格取得を目指し、総務部は「建設業経理事務士」の資格を目標にしています。
今後も社員や技能者に対し、人間性の向上・業務に対するスキルアップを図るため、教育訓練を積極的、計画的に実行していきます。

全員参加の問題解決に向けて「月例会」を開催

各作業所長が工事の進捗状況、現場での課題や問題点を報告し、皆で問題解決に取組み、情報を共有しています。また、講習会や教育訓練受講者には、内容を報告してもらい周知しています。また業務全般に係る改善提案や資格取得、環境改善、安全に関する要望や提案についても話し合っています。
会議の場で発表する事により、業務能力向上や社員の意識高揚を図り、さらにスピーチ力を養成する等、社長・幹部が社員のやる気と努力の功績に応えるよう努めています。

全社員参加の「安全大会」の開催

年1回4月に、全社員参加の「安全大会」を開催しています。
「安全第一」を第一に掲げ、事故や災害のない明るい職場の実現を目指すためのものです。
社員による安全管理実施事例の発表や、工務部長による年間安全衛生管理目標の指導確認、外部講師として前田道路株式会社より講師をお招きし「熱中症について」「重機の死角事故について」等々について講義を受け,実際に重機を使って死角を確認したりして仕事に取り組む安全意識の高揚を図っています。

講師による安全講話
重機の死角の範囲にコーンを配置して体感
実際に重機の前で説明
このページの先頭へ